知って得する!?自分で出来る自動車の車検!

自分で出来るユーザー車検

自動車を所有すると、新車なら3年後、それ以外の普通自動車や軽自動車なら2年に一度、貨物自動車やレンタカーなら1年に一度の頻度で訪れる車検。車検の時期になると、車検にかかる費用の事で頭が一杯になるのではないでしょうか。あれも修理してこれも修理してと、特に年式の古い自動車は整備費用もかなり高額になりがちです。車検費用を出来るだけ安く抑えたい!という方には、自分で車検を受ける、ユーザー車検がお勧めです。

そもそも車検って何?

数年に一度訪れる車検ですが、そもそも車検とは、自動車検査の略称として広く使われています。日本の公道を自動車で走行する場合、国土交通省が定めた一定の安全基準を満たしている必要があります。その基準を満たしているかどうかの検査が、車検と言われる仕組みなのです。つまり、日本で自動車で公道を走行する為には、かならず車検に合格している自動車でなければなりません。自動車の検査を受ける事ができるのは、自動車整備士でなくても、一般の個人でも検査は受けられます。個人で車検を受験する仕組みをユーザー車検と言います。

ユーザー車検のメリットとデメリット

自分で所有する自動車の車検を、自分自身で受けることをユーザー車検といいますが、この方法の最たるメリットは、車検費用が原価で済むということです。つまり、自動車重量税・自賠責保険料・受験手数料の3点さえあれば、受験可能なのです。これで、自動車に求められる基準に達していれば、晴れて車検合格となり公道を走行できます。ただ、デメリットとしては、検査基準に達していないと、もちろん合格できませんので、その場合は、検査基準に達する用に自分で整備しなければならないということです。

車検は中古車で購入すればが2年おき、新車で購入した場合は初回が3年でその後は2年おきに行われるので忘れないようにしましょう。